『洗脳』……今までの自分を”暴力的”に破壊され、新しいアイデンティティを植え付けられる
一般的に、「洗脳」と「マインド・コントロール」という言葉は、似たような捉え方をされますが、その手法は大きく異なります。『洗脳』は、今までの『自己アイデンティティ(自分自身の心の核をなすもの。自分がどういう人間かを表すもの)』を破壊し、新しいアイデンティティを植え付ける手法です。強制的に「まったく違う自分」を作り出す、という行為になります。

例えば、19世紀、戦争捕虜などに対して行われていた洗脳では、「アイデンティティにおける『死と再生』」が掲げられていました。誰しも、生まれてから今までの人生で、その人のアイデンティティが培われてきていますが、これを、心身ともに虐待したり、攻撃したりすることで崩壊させ、「これまでの自己」と決別させるのです。そして、「新しいアイデンティティを受け入れれば、苦痛から救われる」という構造を作り、本人自ら新しい自分を受け入れるように仕向けていきます。

一旦、今の自分を粉々に壊され、“精神的な廃人“とされるという意味でも、「洗脳」は、暴力的で恐ろしい、非人道的な行為です。植え付けられた「新たな自分」は、他者に完全にコントロールされた人格なので、その者の欲求に従った行動をとるようになります。妄信的に洗脳者の言うことを聞く状態の人間というのは、このようにして作られます。

『マインド・コントロール』……暴力的に攻撃しない。本人が気付かないまま、新しい人格にすり替えられる
一方の「マインド・コントロール」は洗脳と違い、決して暴力で心身を攻撃するようなことはしません。こちらは、その名のとおり、「マインド(心理)」を巧みに操作することによって、本人もコントロールされていると気付かないままに、新しい人格にすり替えられてしまうのです。当人には、「誰かに強制されている」という意識が全くないため、一度ハマると、抜け出すことがなかなかできにくいのも特徴です。

心理学者の西田公昭氏は、カルト宗教の勧誘手口を分析することで「マインド・コントロール」の手法を詳しく調査しており、主な勧誘の流れを、以下のように説明しています。

まずは個人的に親しくなる。自分に好印象を持たせ、好意的な関わりを保つ
⇒それによって、自分の話や勧誘内容に「好奇心」や「期待」を持たせ、相手自身から、それに関わろうとさせる

つまり、マインド・コントロールでは、被害者に「無理強いではなく、自ら選んだ道ですよ」と思わせることが、要なのです。相手が進んで心を開くように、もっていくのですね。被害者たちは、「勧誘内容が正しいかどうか」を判断してから関わり始めるのではなく、好意的な行動によって先に勧誘者に心を掴まれ、セミナーや講義などを受講するなど、かなり深く関わった後から、「これは正しい会だ!」と判断をし、ハマっていくのだそうです。

簡単にまとめると、「今のお前はダメなのだ。変われば救われるぞ!」と攻撃的に追い込んでくるのが、洗脳。「仲良くなりましょう、私はあなたのことを考えているのよ……」と親しく近寄ってくるのが、マインド・コントロール。どちらも、心が弱っていれば、その言葉にすがってしまうことが誰にでも起こりうる、恐ろしい心理操作です。

ですので、自信喪失しているとき、心が疲れた、弱っていると感じたときは、見知らぬ人、近寄ってくる人ではなく、必ず、家族や長く関係を続けている友人などに、頼り、助けを求めるようにしましょう。環境を変えたり、田舎へ旅に出たり、休みを取って好きなことをしたりなど、普段から自分で「心を健康に保つ方法」も、しっかり身につけておきたいものですね。
Hit On My Headからリブログ
  1. rngswkzgwssからリブログしました
  2. motokiyohomhからリブログしました
  3. kawajispiralitokonnyakuからリブログしました
  4. kzgwssitokonnyakuからリブログしました
  5. roxichomhからリブログしました
  6. hizumeitokonnyakuからリブログしました
  7. gesorryhomhからリブログしました
  8. homhchikuriからリブログしました
  9. chikuriitokonnyakuからリブログしました
  10. sparrow-tbritokonnyakuからリブログしました
  11. sodiac0xitokonnyakuからリブログしました
  12. mogutumblritokonnyakuからリブログしました
  13. itokonnyakuの投稿です